いろはす黄金のパインはいいぞ

ひさびさによかった。熟れた果物のちょっと腐れ臭い感じも再現されてて、ココナッツの風味もあってこの夏ピニャコラーダを作るのに重宝した。ピニャコラーダ、ココナッツミルクとパイナップルジュースだけだとくどすぎて、いろはすとラム:ココナッツミルク:パイナップルジュース=5:2:3くらいだと美味しかった。もう販売終わったみたいで、見かけなくて寂しい。この香りの再現、いろはすシリーズはやっぱうまいよなあ。たまに微妙だけど。

私がいまだに思い出すのはいろはすとまとです。あれはほんとにすごかったので、ぜひ復刻してほしい。カートンで買う。

それはそうと、桂正和コラボのX-girlのラインが普通にダサくてびっくりしてる。そりゃ絵はうまいよ。でもだから何?ファッションとしてイケてるのこれ?こういう、性的消費の象徴みたいなものを女性があえて身に着けるところにエッジを見出してくれ的なやつなの? 売れるのかなこれ。アロハはちょっといいかなと思ったけど。まあいいや、注視しよう。

本当は心置きなくパラを楽しみたい

欠損フェチなんですよ。自覚したのはもうだいぶ前なんですけど、片脚が腿から、もう片脚がひざ下からっていうアンバランス両脚欠損で、黒やシルバーのシュッとした義足つけてる白人の細マッチョが最高に好き。北欧系より南欧系。射撃とかバドとかやっててほしい。髪は黒か褐色。

エロい目で見てます。変態です。わかってます。不道徳だし不謹慎ですよね。でも私はその体が好き。五体満足の美丈夫にだけ美は宿るわけではないのだ。体にはバリエーションがあり、同時に美にも性的魅力のありどころにも、バリエーションがある。

健常者のアスリートに「兄さんええ体してまんなあ」と言うのがセクハラであるように、障害のある体にそう言うこともまた、同じ理由でセクハラでなので、そういった理由でこのエントリはセクハラです。

で、それはそれとして、私はパラ競技を単純にエンタメとして見たいから、感動・道徳の路線でぐいぐい来ないでほしいんですよ。なえるし。大体必要?まだ今は必要なのかな。いやでも彼らはパラのオリンピアンだよ?強者じゃん。もっとさあ、シュっとしようよシュっと。

でも日本はもうずっと成熟しない社会だし、知識や教養の階層の、まあまあ下めのマスのところに焦点あてるのがテレビだから、そんな未来は来ない。いや自分が教養があるって言ってるんじゃないですよ。じゃなくて、紋切り型の障害者観から抜け出す未来はないっていうこと。最近は「かわいそうと言ってはいけない」「かわいそうかどうか決めるのは本人だから」が流行ってきて食傷している。それもまた違うと思うけど、その話はまた今度。

 

またしても病を得る

とりあえず上から、多年にわたる不眠症、喘息、頚椎の変形、靭帯の骨化、治らないテニス肘、膝関節なんとか、ともう全身悪いところしないような状態なんだが、いつのまにか子宮筋腫もできていた。あと地味にいぼ体質だ(治らない)。

子宮筋腫まだ小さくて経過観察なんだけど、とにかくふらふらする。ボリボリ鉄サプリ食んでるとわりとマシ。間違えて鉄じゃなくてマルチミネラルのサプリ買って飲んでたら、ガタガタとまた体調が落ちたから、やっぱ鉄なんだろうな。

それはそうと皆さんオリンピック見てますか?見ましたかあのひでえ開会式。その数日前に、どうせ日本の、さんざんな出来なんだろうから諸外国のと比較して笑おうと思って(性格が悪い)ロンドン五輪開会式Youtubeで見たらいやもうやっぱすごくって、当時はなんか不気味とか言われてたらしいけど、いいじゃん。イギリスって国がたどった歴史を表現したいんだなってわかるし、寺山っぽい、陰惨なきらびやかさはすごく好みだ。当時は五輪に興味なくて見てなかったけど。日本のはもう、なんつーか、比較にならないすねあれ。「要は規模のでかいおかあさんといっしょだね」って呟いたらおかあさんといっしょガチ勢から「おかいつの方がはるかに面白い」と指摘されてしまった。そうか、おかいつ以下か。やべえな。本来の意味でやべえな。

五輪自体もほとんど見てない。だってもうcovidワクチンの職域接種についてもうここでは書けないひどい目にあってものすごく消耗して、本当に本当にうんざりしてて、ほんともう無理。見る気にならない。五輪とcovidや、ワクチンは関係ないって人もいるけど、五輪のためにけっこうなリソースさいてるのは確かなんだからさ、これがなかったら、国民が今頃得られていた処置は確実にもっと多く、そして上質だったろうし、関係なくはないよさすがに。もうだめだと思う。日本。ほんともう無理、祖国。

私に教えるな

ティンダーで知り合ったたいして付き合いの長くない男に「スーツに合わせるブーツがないので買いに行かないといけない」と言ったら、「俺はサイドゴアを買った」「サイドゴアだ」「サイドゴアしかない」とえらくしつこく、うんざりしてブロックした。常識で考えて女のスーツにサイドゴアはないだろうよ。野戦病院の軍人かっつの。この、一部の男性の「俺様の叡智を女どもに教授しないことには死んでも死にきれない」と言わんばかりの教えたがり、従わせたがりの癖はいったいなんなのだろう。

また別のユーザーの話になるが、私が休日の朝に楽しんでいた、はちみつ漬けのいちごとミントを浮かべ、ポトスの葉をそわせて撮影したアイスティーの画像(自分で言うのもなんだがめっちゃイケてる)に「変なもの飲んでるね」とケチつけてきやがって、さらには「俺はビールだビールビールビールそれもアサヒだアサヒアサヒを飲んでる俺様は俺俺俺俺様はアサヒアサヒアサ」いつまでも俺俺アサヒアサヒうるさいことこの上なくてこれもブロックした。お前が何飲んでても、私の休日をくさす権利はないだろう。こいつら何年ティンダーやっても相手見つからないと思うよ。

昨今、数年前に紹介されたマンスプレイニングというタームと概念が徐々に浸透しつつあるわけだが、まさにそれだと思う。あの、目の前の女は自分よりも無知であるはずだというあまりに短絡が過ぎる偏見はなんなのだ。主婦は無知なはずだ、おばちゃんは無知なはずだ、若い女は無知なはずだ、そして「本当に賢い女」ならば俺のすごさを感知できるはずだ、というあまりに幼稚な願望。その発露としての横暴さ。

この感知というのが、私は確信をもって言うが彼らには相当重要なはずだ。男が男をわかるようには(つまり理論では)わかってはほしくないのだ。「うまく言葉にできないけど、アナタという男がすごいのは”わかる”」といった具合にわかってほしいのだ。女に理づめで納得されたくはないのだ、と私は思っている。「男が男をわかるようには」と言ってはみたが、理論的な男とかむしろそっちが幻想なのだが。

鬼平犯科帳にはよく「女とは女という生き物だ」、「理屈にあわないことをする、それが女だから」という強固で迷惑な決めつけが繰り返し登場する。それが嫌で見なくなったのだが、これは相当に世の中に根付いた迷信であろうと思う。お前ら、女がそういう生き物でいてくれないと困るんだろう、知ってるぞ。男より劣った、二流の、感覚で生きている生き物。それならそれでかまわないでおけばいいのに、幻想の「俺様を理解する本当のいい女」を探して火付けを繰り返している。「理屈にあわないことをする」のはどっちなのか。

 

自炊するということ

18で一人暮らしする前から私は台所に立っていて、食べ物を使って食べ物を作る経験が30年を超えたわけだけど、自分で作って食べることが楽しいと思えるようになったのってわりと最近かもしれない。

いつもどこかに作ることについて脅迫というか「ねばならない」感があって。この仕事について本当に忙しくなって、家事も半分外注して、それでもなおいろんなことがまわらないでいると、自炊が必然的に「自分で自分のために調理をすること」+「自分で自分の栄養の面倒をみること」になってきた。そしてそれでいいと思ってる。

だいぶ前に群ようこさんも言ってたけど、ふだんの料理なんて簡単なもので十分で、自分の能力を超えるものは外で食べたらいいのだ。もし作りたかったら作ればいい。冷凍食品だってほんとに進化したし。

最近は、たんぱく質を間違いなくおいしく食べようと思ったら、薄切り肉をゆでることだなと思ってる。これもなんとなく、塊の赤い肉を調理できてはじめて料理、みたいな気がしてて長らくコンプレックスだったんだけど、もういい。薄切り肉、安いだけでなく、握力や腕力の落ちた中高年の腕にも扱いやすいのだ。ポーションも調整がきいて小分けにできるし、食べたいだけ食べられるし。

で、このゆでるという調理法を私は推していきたいのである。要は簡易なしゃぶしゃぶなんだけど、さっと湯がいてポン酢でもなんでもすきな調味料で食べるのはかなりいい。火が通り過ぎないタイミングを見計らえるし、いちばんやわらかい状態で食べられるし、ゆでる汁に出汁やスープを使ってもいいのだ。ゆでたあとの汁を何かに使うこともできるし、捨てたっていい。とっておこうとすると鍋がふさがってかえってめんどうなこともある。

薄切りの牛肉をきゅうりと炒め合わせるケニア料理(だそうですよ。現地人に教わったから間違いない)にも一時期かなりハマってた。もともと我々は箸食文化なのだし、箸で食べられるようにカット、スライスされた肉がやはり便利なのだ。

あと、蒸してる。タジン鍋を蒸し器がわりにして、その日食べたいものをなんでも蒸す。蒸すという調理法、茹でより焼きよりとにかく早い。卵も最近は蒸している。めっちゃ早いし場所をとらない。ブロッコリーなんて気を付けてないと火が通り過ぎてぐずぐずになるくらいだ。誕生日にはエビを買ってきて、蒸しては食べ蒸しては食べのエビ祭りをやった。4尾も食べたらムネ悪くなって歳を実感したが、満足だ。こないだはかぼちゃを蒸した。シチューに入れる前の下ごしらえだったんだけど、蒸した時点で無茶苦茶甘くておいしかったので、あやうくなくなるところだった。ゆで上げたパスタの具合をみるのにちょっとつまむのに、ちょっとのつもりがけっこうつまんでしまうことってないだろうか。茹でや蒸しのおいしさってそれだと思う。

今日は鉄分不足が疑われたのでレバー食べてアルフェミニ飲んでにらそば(そばと一緒ににらをゆでる)を食べた。父直伝のにらそばだ。みょうがも刻んだ。ネギもきざんですきなだけ入れた。そばはいい。茹でたら食べられる。

出会いを求めて

なかなか出会いがない時代だけど、若いころのことをまだ記憶が残ってるうちに書いておこうと思う。消す前のブログにも書いてたかも。

なんか出会いたい、出会いがないといいながらタナボタ的に出会いが降ってくるのを待ってる受動的な人って多いなっていうのはずーっと思ってて、出会いたかったらなんでも駆使してがつがつ出会いに行かないとダメなんじゃないかなって思うんですよね。

私、ネットでの出会いがまだ不健全だった時代からだいぶがつがつしてたんですけど、当時は首都圏だったし入れ食いでした。30代だったし。

とはいえ犯罪には巻き込まれたくないし、語学に堪能なことを基準にしてました。外国語をひとつ習得するくらいの学歴があれば、そうそう変なことしないだろうと思ってたので。それに、これなら自分で判断できるから。とはいえそれで完全に防御できるわけではないので、男女ともにに身元証明を求め、有料のとこ使ってました。ここケチっちゃだめだと思う。最悪痕跡残って捜査の手がかりになるだろうし。

毎日届くメールからその人がタバコを吸うかとか動物が好きかとかじわじわ聞き出してエクセルで表にして数値化して、最後は会って人となりを見て、みたいな。今にして思うとミクシィとか使ってその人の日記を先に読めれば早かったかもしれない。出会った後でマイミクになって、日記にどんびきして別れたことがある。希少苗字だったのでまだ覚えてる。

ギャンブルに似てると思うんですよ。競馬だと思う。競馬やったことないけど。完全に運かというとそうでもない。完全に予測できるかというとそれも無理。データを分析し、予想し、考え抜いて、でも最後は賭けてみないとわからない。

そしてそこまで考えて厳選しても、会ってみたら微妙だったり。これがお互いにってこともあったし、どっちかが、ってこともあった。しつこくしないのも大事。もう縁がないんだから。あと英語しかできない英語バカだったり。体臭すごすぎてまじで無理だったり。あるいは考えるのに疲れて適当に会ってみてやべえやつだったり。夜の公園で置き去りにされたりしたな。ちょっと危なかった。話はすごくはずむのに形が合わなかったり、メールでは調子いいこと言ってたくせに、実際はただのミソ野郎でちょっともう無理だったり。短時間会うだけなのにすかさず醸し出してくるってすごくない?なんか試されてたかも。

で、そうやっていくうちに、やっぱいるんだよ。すごくいい相手って。コツはその人にあたるまで死なないことだと思う。なるべく避けましょう、死亡。

でもあるとき、そういう生活の一方で自分の猫をないがしろにすることがいやになってやめてしまった。青い鳥みたいな話だけど、私にとって、ただずっとひっそりとそばにいたあの猫以上のパートナーはいない(そしてその献身に報いることはできなかった)。

もちろん猫と人は違うけど、そこは取捨選択だと思う。すべては手に入らない。ガンガンやって早めに飽きることも必要だと思う。若いほどチャンスは多いんだから、後回しにしないほうがいい。そのうちいろんな義務がどうしても生まれるのが人生だからさ。

 

 

どっちでもいいから決めてくれ

女性になりたい願望のある男性が、女性トイレを使うのか使わないのか問題、どっちでもいいから決めてほしい。正直なんで多目的トイレじゃダメなのかよくわかんないけど、決まったようにやるから。

どっちに決まったとしても男子の安全も女子の安全も守るだけだし。

ただ、その場合、説明義務が学校職員にあるのは納得いかない。使わせろというなら使えばいい。でも女子を通わせる親御さんを説得するのは自分でやってくれ。当たり前でしょう。自分が使いたいんだから。それで説得できるだけの論拠があるのかといえば、ないだろう。何故多目的トイレではダメなんですか?と聞かれて「それは差別だ」と論駁する前に、説明してみたらいい。「それは差別だ」とか「学校が認めたからいいんです」以外の言葉で。市町村教育委員会への申し入れを後回しにしてる時点で、本当は自分たちでもうっすらわかってるはずだ。

私はそのうち、商業目的の温泉とか公衆浴場の女性客が激減する事態になると思ってる。そしてその時、責められるのはきっと女なのだ。「経済まわしてない」って。

言ってるじゃん前から。地球半分に分けて男女で棲み分けないとだめなんだよ。